反社会的勢力に対して

反社会的勢力に対する基本方針

当社は、市民社会にとって秩序や安全に脅威を与え、健全な経済、社会の発展を妨げる反社会的勢力との関係を遮断し、その被害を防止するため、次の『反社会的勢力に対する基本方針』を定める。
  • 反社会的勢力からの不当要求に対して、経営者をはじめ会社全体として対応するとともに、反社会的勢力と対応する役職員の安全を確保するための体制を整備する。
  • 市場からの信頼を維持し、業務の適切性及び健全性を確保するため、反社会的勢力との取引を含めた一切の関係を遮断し、不当要求に対しては断固として拒絶する。
  • 反社会的勢力からの不当請求に備えて、平素から警察、暴力追放団体、弁護士等の外部専門機関と緊密な連携を構築する。
  • 反社会的勢力からの不当要求に対しては、あらゆる民事上の法的対抗手段を講ずるとともに、被害が生じた場合には刑事事件として「被害届」の提出又は告訴、告発をする。
  • いかなる理由があろうと、事案を隠ぺいするための反社会的勢力との裏取引、資金提供等は絶対に行ってはならない。

TOPへ戻る